日本熊森協会 福岡県支部

奥山生態系保全・再生 当協会は、奥山を保全・再生・聖域化し、 (1)水源の森確保 (2)棲み分けによる、クマなどの大型野生動物との共存 (3)野生鳥獣による農作物被害の軽減 をめざして活動している、完全民間の実践自然保護団体です。 日本熊森協会福岡県支部 〒807-0852 北九州市八幡西区永犬丸西町3-16-14-102

森山まり子会長ジョイント講演会


6月16日(日)北九州市戸畑区のウエルとばたにて
森山まり子会長ジョイント講演会が開催されました。

本部ブログ「6月16日 北九州市での会長講演会」

スタッフは12時に集合、会場設営やビデオ、PCなどのセッティングを
てきぱきと。表の受付の他に、会場内に書籍販売と新会員受付のテーブルを設置しました。
南里支部長のあいさつ後、13:45から日本熊森協会の森山まり子会長の講演がスタート。
この時点で会場はほぼ満席。参加の約半数の方が会長講演は初めてで、
くまもりの基本理念の話には皆さん真剣に聞き入っていました。

動画会長公演ラスト5分┃【動画南里支部長挨拶┃【動画会長、公演最初の5分

平野虎丸さんのブログ動物たちがすむ豊かな森を次世代へ 日本熊森協会の集まり

o0480064012578997210.jpg



s_189.jpg
【動画】日本熊森協会福岡県支部、南里支部長挨拶



s_169.jpg s_185.jpg

o0480036012578997238.jpg

s_231.jpg

o0480064012578997122.jpg o0480064012578997201.jpg

o0480064012578997143.jpg o0480064012578997186.jpg

s_o0480036012578997229.jpg

o0480036012578997224.jpg



スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2013/06/28 10:15 ] 2013年熊福イベント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

日本熊森協会福岡県支部

Author:日本熊森協会福岡県支部
皆様は、日本が水の豊かな国だと思っていませんか?今、日本の水が危ないのです。恐らく、50年後には今の日本の人口を養うだけの水は得られないでしょう。
水を我々に与えてくれているのは日本の自然の森でした。今、それらの自然の森は、杉や檜の人工林で置き換えられて、保水力を急速に失ってきています。自然の森が失われるにつれて、その森を支えてくれていた大型動物たちも消えていっています。
九州ではすでに、自然の森に欠かせない大型動物『ツキノワグマ』が絶滅しています。次は?