FC2ブログ

日本熊森協会 福岡県支部

奥山生態系保全・再生 当協会は、奥山を保全・再生・聖域化し、 (1)水源の森確保 (2)棲み分けによる、クマなどの大型野生動物との共存 (3)野生鳥獣による農作物被害の軽減 をめざして活動している、完全民間の実践自然保護団体です。 日本熊森協会福岡県支部 〒807-0852 北九州市八幡西区永犬丸西町3-16-14-102

英彦山原生林視察

こんにちは、くまもり福岡県支部スタッフです。


気付けば今年も残り2ヶ月を切ってしまいました。


年々、歳を重ねる度に時間の経過が早く感じるものですね。





今年は福岡を含める九州北部にて大きな災害があり、強い森が必要であると改めて感じたわけですが


その強い森とはどんなものか考える為の一環として先日、英彦山の原生林を視察して参りました。




kuma26.jpg

出発地点の高住神社にてお参りをさせていただき、写真をパシャリ。






kuma29.jpg


南里支部長のガイドを受けながら






kuma28.jpg

のんびり







kuma30.jpg

の、のんび・・・





kuma22.jpg

のんびり?!なのか??(笑)


なかなかハードな山とも向き合いながら、




kuma31.jpg


休み休み進んで行きました。


出発時、「原生林を見に行く事が目的なので登山ではありませんからゆっくり行きましょう」と話し




結果








kuma27.jpg

登頂するという(笑)





山頂では


kuma25.jpg

紅葉と雲海の絶景と、一段と美味しくなった弁当というご褒美をいただけました。





肝心の原生林ですが、



kuma23.jpg

やはり光を取り込み、豊かな自然を育んでいる様子でした。


下山途中で見た杉・檜の人工林とは全く様子が異なります。



南里支部長によると、檜だらけの所は落ち葉も土も流れやすく豊かな土壌にはならないとの事。


またブナの木も減っているということなので、問題も山積な今日の自然環境です。



積極的な保護が必要であると改めて感じた一日でした。




途中から皆さん口数が減っていたのですが、最後まで余裕だった様子の南里支部長。




kuma21.jpg

スーパーマンの帽子をかぶっているからなのか、南里支部長自身がスーパーマンなのか・・・・・・



現場からは以上です。



また、色んな企画を催していきたいと思いますので、皆様お気軽にご参加ください。




◎ 11月以降  活動予定

11/14(火) 18:30~ 福岡県支部定例会(陣原市民センター)

11/16(水) 18:00~ 福岡市地区会(あすみん)


  12月以降 予定

   毎月第二火曜日 18:30~ 福岡県支部定例会(陣原市民センター)
   毎月第四木曜日 18:00~ 福岡市地区会(あすみん)



皆様のご参加心よりお待ちしております。



※詳細や予定は変更の可能性がありますので南里(TEL 090-9796-1582 / E-mail jbfafukuoka@yahoo.co.jp )までお問い合わせください。





スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2017/11/07 16:07 ] 2017 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

日本熊森協会福岡県支部

Author:日本熊森協会福岡県支部
皆様は、日本が水の豊かな国だと思っていませんか?今、日本の水が危ないのです。恐らく、50年後には今の日本の人口を養うだけの水は得られないでしょう。
水を我々に与えてくれているのは日本の自然の森でした。今、それらの自然の森は、杉や檜の人工林で置き換えられて、保水力を急速に失ってきています。自然の森が失われるにつれて、その森を支えてくれていた大型動物たちも消えていっています。
九州ではすでに、自然の森に欠かせない大型動物『ツキノワグマ』が絶滅しています。次は?